shiryoseikyu_over.jpg
資料請求はこちらからどうぞ!

2012年08月04日

夏本番!公務員試験本番!!

みなさん、こんにちは。
東京アカデミー難波校で公務員担当しています、渕上です。

公務員試験も5・6月試験が最終結果発表、7月試験が一次合否発表の時期となりました。
連日、難波校と大阪校(梅田)、そして最近は神戸校へも行き、受講生の面接指導をしております。

やはり、面接試験は最初からスムーズに行える人は少ないです。
そんな中、東京アカデミーの受講生の皆さんはとても頑張っていると思います。
なんてたって、東京アカデミーの面接指導はなかなか厳しいからですからね。
マンツーマンで模擬面接指導を何度も何度も行いますから、かなり鍛えられていると、東京アカデミー社員ながら自負しています。

そして、もう少しで9・10月の秋試験の時期です。
これからが本番という人も多いでしょう。そして、特に夏試験で良い結果が出せなくて、秋試験にチャレンジする人にとってはとてもプレッシャーが大きいと思います。
大変な時期だとは思いますが、一つ一つクリアしていきましょうね。

今日、ひとつ公務員試験に関する相談を受けました。
問題演習ももうすでに何度も行っており、分かる問題が増えてきて、試験でも意地で最後まで解いてやろうと躍起になってしまい、気が付くと他の問題をゆっくり解く時間が無くなってしまうことがたまにあるとのこと。

確かに、分かる問題・理解できる問題が増えることはとても良いことです。
ただし、解ける問題は確実に点数につなげることはとても大事ですが、公務員試験ではやはり時間内にすべての問題を解き、最終的に全体としての点数をしっかりと確保することが求められます。

では、どうすれば良いのか。

多くの人が、公務員試験は1問2〜3分という時間感覚は持っていると思います。
だったら、日頃から1問1問を、時間を計りながら解いていけば良いのか。。。

それでは、多くのまとまった問題数を時間内でスピーディに解く力はなかなか身に付きません。
そこで、1問単位で時間を図るのではなく、5問なら5問、10問なら10問、そして、いずれは40問から50問といったまとまった問題数を制限時間内で解くといった訓練が必要となってきます。
日頃からこのことを意識し、実践していくと本番でもかなり時間に余裕を持って試験に挑むことができます。

だからこそ、東京アカデミーの通学講座では模擬試験をすべて無料で実施し、適正な時期に様々なタイプの模擬試験を実施しているのです。

このように、闇雲に問題に取り組む、ただひたすらに勉強する、ではなかなか結果は出ません。
戦略的に、効果的に対策を進めていかなければ、ただ単に大変なだけであり、時間を浪費してしまうだけです。

公務員試験に裏口も裏道もありませんが、必ず「近道」はあると思います。
もし、公務員試験でお悩みの方は、ぜひ一度相談してくださいね。

今日の淀川花火大会のような、素敵な「合格の花火」を打ち上げましょう。


【告知】8月も難波校では各種試験対策イベントを実施晴れ
(詳細はコチラ⇒12.8 来校フェア.pdf
TA1202抜きmin.jpg
posted by 東京アカデミー難波校 at 21:48| 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする